信販系のカードローンの審査

仕組みを確かめ、利用するために必要な条件を知ろう

カードローンを利用する目的は人それぞれですが、安心して借りれる方法を探して今後の生活に役立てると便利です。カードローンは銀行系と信販系、消費者金融系の3種類がありますが、金利や利用可能額以外に審査の基準も変わります。信販系は基本的に定期的な収入がないと利用できないため、主婦やフリーターは審査に通ることが難しいです。信販系は銀行系と違い総量規制対象であり、年収の3分の1を超えて使えないため他社から借り入れている際には確認して申し込む必要があります。

このように、信販系のカードローンは総量規制対象で、利用可能額が制限されるためにこまめに利用すると良いですよね。
しかし、収入が不安定だと審査に通らないため、事前に状況を確かめてから申し込みましょう。

会社ごとの内容を比較し、安心して借りれる方法を探す

信販系のカードローンはどの会社も利用可能額や金利が同じではなく、申込書の内容や審査の状況に応じて決められます。会社のサイトは金利の幅や利用可能額の最大額が表記されていますが、実際には年収や勤務状況などで決まり希望通りにならないものです。金利は利用可能額が多くなれば低く設定されますが、審査の基準が上がりそれ相応の収入を確保することだけでなく信用状況を良くする必要があります。

こうして、信販系のカードローンは会社によって内容が異なり、金利の幅や利用可能額以外にサービス内容を確かめてから申し込むことが大事です。
また、審査は利用可能額を増やすと時間がかかるため、必要な時期を確かめて余裕を持って申し込むようにして下さい。