消費者金融のカードローンの審査

消費者金融の審査基準

消費者金融の審査基準は銀行のカードローンとさほど違いがありません。代表的なのは年収・勤続年数の2つでしょう。近年では派遣・契約社員として働く人も増えているので、勤務形態で差がつくケースが増えています。正社員が最も有利、次に派遣・契約社員と続き、アルバイトや自営業の人は不利になる傾向です。アルバイトでも大手企業で長期間働いている人は派遣社員よりも有利になることがあるのでケースバイケースです。消費者金融で審査に落ちる原因となりやすいのが個人信用情報です。アルバイトでも10万円程度ならあっさりと借りられたという体験談が多い消費者金融でも、過去に債務整理などの金融事故を起こしている人は断られやすくなります。

審査に落ちたときに考えること

銀行に比べて審査に通りやすいと言われている消費者金融ですが、いきなり大金を借りようとしても断られるでしょう。新規で借りる場合には正社員の人なら50万円、アルバイトの人なら20万円程度が目安です。審査に落ちたときにまず考えることは、年収に対して無理な金額を借りようとしていなかったかというポイントです。他社からの借金の金額も計算に含め、総合的な負担で考えましょう。無理のない金額を借りようとしていたなら、原因は個人信用情報にある可能性が高いです。過去に延滞を繰り返していなかったか、債務整理などの金融事故を起こしていないかを振り返ってみるべきです。消費者金融なら1回や2回の延滞は大目に見てもらえる傾向ですが、やはり信用に影響します。