消費者金融でお金を借りた時の金利

消費者金融の金利設定について

消費者金融のカードローン審査通過後にキャッシング等を利用出来ますが、サービス活用時に金利に基づいた利息負担が発生します。大手銀行と比べれば消費者金融の金利設定は高めに設定されており、18.0%スタートでの利用が多く、低い所でも17.8%辺りの基準です。規制によって延滞時でも20.0%を超えない仕組みになっていて、この数値を超えた利息負担の請求はルール違反となります。高利貸しと言われた時代の消費者金融は29.2%設定、延滞時は40.0%でしたが、安全に利用出来るように定められているのが現在の設定です。金利は利息を計算する為に重要な指標ですから、業者選びではこの数値の確認を行ってから利用が望ましいと言えます。

完済までの利息負担を金利から計算すれば安全

消費者金融は金利設定が高めではありますが、カードローン借り入れを行う前に利息負担の計算を行っておけば安全に利用可能です。金利から利息負担額を割り出せますから、完済までにどれでの利息を払う必要があるか調べると、計画的な利用が出来ます。逆に言えばこうした計算をしないままでサービスを使うと、返済が滞ってしまったり生活にシワ寄せが来てしまうリスクがありますから、返済計画を立てる際に金利から利息額を計算が有効です。どれだけの借り入れなら余裕を持って返済出来るかチェックしておけば、負担にならない範疇での利用が出来ますし、高金利傾向にある消費者金融カードローンではありますが、計画利用出来れば生活レベルを高めて過ごす事が可能になります。