銀行のカードローンの審査

法律が変化するので注意

銀行と消費者金融ではカードローンを利用できます。借りる際は審査に通過しないとだめなのですが審査内容に違いがあるので知っておくといいでしょう。たとえば銀行と消費者金融は適用される法律が違うのが特徴です。総量規制と呼ばれる要素が関係していて、借り入れの合計金額が年収の3分の1を超えないようにしています。貸金業法は消費者金融に関係するもので、3分の1を超える金額には注意が必要です。
銀行では銀行法が適用されるのですが、こちらは総量規制がないのがメリットとなっています。消費者金融の審査に通過したいときにはなるべく安価な金額の借り入れをすると成功しやすいので覚えておくといいでしょう。少額なら消費者金融の無利息を利用すれば金利リスクが少ないです。

審査スピードに違いがある

消費者金融は審査がかなり早く短時間で融資してもらえるのが特徴です。銀行の場合は保証会社に委託するケースがほとんどのため自社での審査は行いません。それだけに審査にかかる時間も消費者金融より長くなってしまうのが特徴です。
また自動契約機に対応する消費者金融なら機械によるカード発行をしているため、営業時間内に利用すると即日カードが手に入ります。銀行は審査が厳格されていて、警視庁にある個人データの照会も行うため即日融資はほぼ不可能です。
なるべく早く借り入れをしたいときには消費者金融を利用するのが理想的と言えるでしょう。住宅ローンといった多くのお金を融資してもらいたいときは、銀行が使いやすいサービスです。